« 戦前と気質の変わらない哀れな日本の大マスコミ | メイン | FIFAワールドカップブラジル大会準決勝 ドイツ、ブラジルに圧勝 »

2014/07/01

コメント

ファンドが考える時間軸の中でヒットを出す。。大変ですがそんなエース級が社内にいるのか(あるいは、残っているのか)、またそんな企画が上がってきてもちゃんと通せる経営陣なのか、勝負の分かれ目だと思います。ソニーの縛りから解放されることはプラスではあるとは思いますが、”先陣をきって何か新しい企画を世に問う”というのは、ベンチャーでない大企業としてのソニーしか知らない従業員には辛そうです。ファンドにいる人も概してコンサバなので、ファンドの想像力の範囲に収まる、結局、我々の想定の範囲の商品しか出せない、という終わり方かもしれません。彼らは、恐らく安く入れていると想像するので、そこそこレベルでも良いと思っているかもしれませんが。

報道によればエース級は残っている(責任ある地位にいる)とのことですが、どんなにいいものをつくったところで販路がなければ厳しいかと。
とはいえ、インターネット時代は久しく個人であってもそこそこモノを売ることができる時代。新製品は新しいと言うよりはSONYの縛りを外した、ある意味潔い製品。余計な物が無いというのはいいという一方、それを求めている人にとっては選択肢からは外れる…。
まずは来春に何が出せるかがすべてといっていいでしょうか。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年8 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31