« 私が気になった、エジプト ムバラク大統領の発言 | メイン | 「中立国スイスとナチズム 第二次大戦と歴史認識」を読む »

2011/02/05

コメント

元々相撲は興行師が仕切り、神社仏閣の維持費の一助として行われていたものが、国粋主義的と言うか、原理主義的と言うか、元々芸人(アーティスト)としての相撲取りも国技の名の下に国家公務員に変身させられてしまった。公務員になればそれなりの罰を受けなければならないが、胴元が文科省となるとお奉行様も遠山左衛門の尉でもその裁きに苦労されるでしょう。なにしろ水野の殿様より強力な有識者が相手であればなおさらのことである。その成り行きを見守る他に道は無いようである。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年3 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31