« VAIO type Z (VGN-Z90US) 、BIOSアップデートでIntel VTサポート完了 | メイン | 気になる懸賞金一千万円の行方 »

2009/11/10

コメント

ものすごく同意!
こりゃおかしいよね。
私は店頭販売のZ70を購入したくちですけど、おんなじ扱いで驚きました!

まぁ普段使いには全くと言っていいほど支障はないんですけど、私もたまにHDMI接続するんで使い勝手悪くなってます。

何とかならんものか・・・。
普通にアップグレードしただけなのに・・。

せめてドライバの提供はしてほしいよね。てか第二世代以降にあるんだったら、普通に出来そうなもんだが・・。

何か情報あったら書き込みますね。

fake-m様、コメントありがとうございます。
HDMI接続で音が出ない等の不具合は致命傷ですが、やはりディスプレイ周り(特に切り替え方法)がWindows 7で仕様変更になったのが原因かな、と。あくまで想像ですが、第二世代以降ではハードウェアが微妙に改良されていて、第一世代ではハードウェアレベルで対応ができないのかもしれません(無論、デバイスドライバ等の改良でどうにかなるとは思いますが、たかが1機種のためにそこまでやらなかったのかも)。
どちらにしても、特殊なハードウェアと特殊なソフトウェア(こちらの大半はいらないものなかり)で構成されるVAIOシリーズは、OS変更というのは致命傷であって、リカバリー以外のアップグレードも検証までやってられないというのが真実かと思います。まぁ、間違いなくいえることは、「リカバリーしか対応できません」としか言えないサポートは廃止して、もっとコストを下げるか、別の所にコストをかけるべきでしょう(先に挙げた検証など)。
ま、SONYの実力なんてこんなもんですよ。コンピュータメーカじゃないんですから。

追記です。
今さっき気付いてしまったのですが、第二世代VAIO type Zからは64-bit Windows onlyなんですね。つまり、32-bitのWindowsはサポートしないってことなのだと。

なるほどー!

って、やっぱり納得はできませんよね。

まー、そんなもんですか。sonyは。
ただ見限るにしても私もこの機種以外でそそられるものがなかなか無いんですよね。

ネットブック以降の低価格路線の機種では尖った製品が無いし、高くても良いならLet's Noteなんてものあるけど、自分の趣向に合わなくて。

こりゃ我慢して当分使うしかないですかね。

それはそうと、あまり良く見もせずコメント書いてしまいましたが、長くHPの運営されているんですねー。それもお詳しい。(おそらくどこかでお見かけしているかもですが・・・)

これからもちょくちょく訪問させて頂きます。

fake-m様、コメントありがとうございます。
仰せの通り、私も全然全然探してもないんですよ。2kgあるいは3kg超の弩級ノート(昔はそれこそ6kgなんてものを持ち歩いていたはずなのに)は興味の対象外。一方でLet's Noteマニヤの諸兄には失礼ですが、あんな華もないノートPC近寄ってほしくないし(苦笑)。一方、Macもねぇ。MacOSはUNIXですので、アカデミック臭のキツいものは嫌い(過去のしがらみ)。ハードウェアはIntel中心なので、MacOSを外せばいいんでしょうが…。

それはともかく、もうかれこれ、10年近く運営している…と思ったら、今日がちょうど前に運営したXWIN II Web Pageをはじめてちょうど11周年でした。思い出させていただきありがとうございました。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年3 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31