« 池上電鉄奥沢線(新奥沢線)の歴史を探る その11 | メイン | UQ WiMax、再始動 »

2010/08/31

コメント

武蔵小杉
川崎市にある駅ですがその南武線という名前から武蔵に属していることがわかります。
港南区
鎌倉郡と久良岐郡との境界線が港南区の真ん中を横断している珍しい例です。港南歴史協議会のサイトで詳しい地図が掲載されています。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2022年1 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31