« LES DEUX MAGOTS で休息 | メイン | 池上電鉄奥沢線(新奥沢線)の歴史を探る その11 »

2010/08/29

コメント

XWIN II様
珍しい地図ありがとうございます。大森町が行政の中心であったことが分かります。荏原郡役所はその後平塚橋に,大森区役所が新井宿になったと聞いております。
スカイツリー
今話題のスカイツリーの高さは武蔵国をもじって634メートルとしたとのことですが、当時は下総の南葛飾郡であったことがわかります。OKWaveに投稿したら、下総を4も3とする語呂合わせもあるという書き込みがありました。江戸時代から都市化の波が律令制の国境を越えて周辺の郡部に及んでいたこともまた事実です。

このようなわかりやすい地図があったのですね

荏原郡役所はずっと品川、平塚橋は昭和7年からの荏原区役所かと思います。荏原郡は昭和7年に消滅。
葛飾郡は、江戸時代に一部が下総国から武蔵国に分かれました。さらに、明治11年に、武蔵国葛飾郡は北葛飾郡(埼玉)と南葛飾(東京府)に分かれ、下総国葛飾郡は、東葛飾郡(千葉)、西葛飾郡(茨城)、中葛飾郡(埼玉)に分かれました。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2020年3 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31