« 1936年(昭和11年)当時の洗足田園都市エリア | メイン | 1915年(大正4年)当時の洗足田園都市エリア開発前夜 »

2012/02/26

コメント

風防の無い陸軍の偵察機の座席から身を乗り出してカメラを構えて撮影したのでしょうか、尾翼のようなものが写って居ます。満州事変当時石原参謀が偵察機に乗って錦州方面に出掛けた時に上層部から参謀ともあろうものが危険な飛行機にのるとは何たることだとお叱りを受けたとの記述がありますが、当時の一般常識はそんなものだったのでしょうか。民間でも飛行機写真は撮影されていたと思いますが、この種の写真は日本地図センターにしかないようです。プリントアウトも結構高価ですね。
また次の記事を楽しみにしています。

追伸
当時少年雑誌に88式偵察機が掲載されていましたが、資料に寄るとエンジンはBMWを使用していたようですが、その後短期間で零戦を開発した先人の努力に頭が下がります。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2018年10 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31