« 東京都大田区における「山王」の拡大 | メイン | 東京都港区における「六本木」の拡大 »

2012/11/28

コメント

最近は銀座の重心が並木通りを中心とする地域に南下しているように思います。海外の有名ブラントの店が集中しており、昭和30年代にはまだ勢いが残っていた3丁目付近は南に勢いを吸い取られたような感があります。南金六町現在の8丁目にあった金六亭という料亭は昭和の文人にも愛された店ですが、オーナーのご子息とは友人関係にありましたので昔話をよく聞かされましたが、モボモガや慶応ボーイに愛された資生堂パーラーの時代に既にその傾向があったような気がします。

突然のコメント、失礼します。
大変ぶしつけ、かつ、突然のお願いで失礼いたします。私、朝日新聞東京社会部の記者をしております、抜井規泰(ぬくい・のりやす)と申します。
こちらのブログで、「木造院電車両マニア」さんがコメント欄に投稿されている「金六亭」という料亭について、調べております。ところが、すでに廃業されたようで、現存していません。おそらく、「西田さん」とおっしゃる方が金六亭のオーナーだったのではないかと思うのですが、いまのところ、手がかりがありません。
こちらのコメントを投稿されている「木造院電車両マニア」さまが、金六亭のオーナーの関係者とお知り合いである旨を記述されています。ぜひ、木造院電車両マニアさまを通じて、金六亭の関係者を取材させていただきたいのですが、木造院電車両マニアさまのご連絡先をお教えいただけませんでしょうか。
突然のお願いで恐縮ですが、なにとぞ、ご協力いただけますよう、重ねてお願い申し上げます。

枯れたBlogに、コメントをお寄せいただきありがとうございます。
実は当方、このBlogのコメント欄を通じてのお付き合いしかないのでわからないのですね。
どなたか、ご存知であればいいのですが。

朝日新聞東京社会部の抜井様へ

木造院電車両マニアさんの友人です。「りっこ」というハンドルネームで、何回かこのブログに書き込みもしております。

木造院電車両さんに上記の事項を電話でお伝えいたしました。取材を受けるのはOKということです。ただ92歳と高齢でいらしている上、現在病気療養中のため、そのあたりはいろいろと相談の上、ということになると思います。

私のほうから朝日新聞東京社会部にお電話いたしましたが、時間外のせいか、誰もお出にならまれせんでした。また平日の昼間にでもお電話しようかと思っておりますが、もしお急ぎであるか、またはもう、必要がない場合は、もう一度ここに書き込んでいただけたらと思います。
ブログ主さまは私のパソコンアドレスご存じです。それで個人的やりとりもできますので。
よろしくお願いいたします。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2018年12 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31