« VAIO Z21(2011年夏モデル)、真のファーストインプレッション | メイン | VAIO Z21(2011年夏モデル)、続いてFF14ベンチマーク編 »

2011/08/14

コメント

3年程前、iMac に移行してからも、頻度こそ減りましたが、未だに初代 Z1/P (Pentium M 1.3GHz/Windows XP) を使っています。PC の速さがクロック周波数から即断出来なくなっていましたので、この記事の様に、スーパーπで比較して頂くとこの間の進歩は実はものすごいということがよく解りました。

Macかぁ
こんなVAIO Z21ならMacintoshに移行してもいいかなと思いつつ、腐れ縁ということでどこまでもつきあい続けるかもなぁという心情もあったりして。単純でありながら複雑な男心であります。
ベンチマークテストは時代に合わせて進化していくというのはもちろんですが、やはり昔と比べてどうかという線は外せないと考えています。なので、今後も古~いベンチマークテストの結果なりを掲載していく予定です。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2022年1 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31