« スイス、氷河急行(Glacier Express)脱線死亡事故 | メイン | 池上電鉄奥沢線(新奥沢線)の歴史を探る その4 »

2010/07/25

コメント

詳しい地図有り難うございます。フランス語地域と南ドイツ語地域のと境目であるような印象を受けます。救急活動で言語の壁が障害となったようですが、添乗員も負傷しているようですし、パニックになると外国語が出てこなくなることがしばしばあります。翻訳ソフトが入った携帯辞書を手放せませんね。

航空写真ありがとうございます。私もスイスの鉄道に関心があり、現場を特定しようと思いました。色々なニュースを読むと、現場は「短い橋にさしかかる緩い左カーブ」とあったり、「機関車と前半の3両は橋を渡りきった」などとあります。地形図から見ると濃い緑色の部分は、尾根ではなく、谷ですので、現場はそのLax側、つまりX印をつけられている手前の右カーブ(橋のあるところ)のさらに手前ではないでしょうか。ニュース写真を見ても、付近は草原ではなくて、樹木があるようです。
 私のHPも見てください。

さきほど投稿したhirodasこと辻本です。
今改めてリンクされているスイスのテレビ?のヘリ映像を見たところ、私の見立ても違っていることがわかりました。樹木の配置や、下に移っている長方形の施設との位置関係から見て、X印はもう少しフィーシュよりの、アップ写真では線路の左側に赤い建物らしき物がある手前だと思います。
お騒がせしました。私のページも今夜修正いたします。

hirodas(辻本)様、コメントありがとうございます。

場所特定の簡単な経緯は本文中にふれたとおりですが、決定的証拠はTVのヘリからの映像に映っていた川の沿岸にある浄水場?のような施設です。これがなければ特定が困難でした。航空写真から浄水場?のような施設を川沿いに探しました。
で、事故現場についてですが、車輌が横倒しになった場所を指しているのではなく、事故が発生したであろう箇所に×印をつけました。本文中にはそのようなフォロゥを追記し、また尾根と谷と見誤った所に関しては訂正致しました。感謝申し上げます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2019年4 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30