« 東京府荏原郡における明治期の町村制施行時の変遷過程「目黒村」編 | メイン | 東京府荏原郡における明治期の町村制施行時の変遷過程「大森村」編 »

2013/01/30

コメント

自由が丘駅の南口の桜並木の洒落た遊歩道を兼ねた商店街も九品仏川を挟んで世田谷区と目黒区に分かれているので、商店街の事業を行うにしても双方の区役所の了解が必要であると聞いています。大岡山北口の商店街も道を隔てて目黒区と大田区に分かれています。

現在の東横線の学芸大学駅は青山師範となる前は碑文谷と呼ばれていました。目蒲線洗足駅まで広がっていた碑文谷も公園を中心として何とか生き残りましたね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2020年12 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31