« SED、お先真っ暗? | メイン | 渋谷川に架かる稲荷橋 後編 »

2006/12/31

コメント

6月1日のTBS の番組で、あの忠犬ハチ公(私の、みんなの大好きな)が
ご主人の亡くなった後も10年間毎日渋谷駅で待ち続けて、最後はこの稲荷橋のそばで倒れていたという事実を知って驚いた。 20代の頃私はこの近くに
住んでいて、地味であったが馴染みの橋だった。、まさかハチ公と縁があったとは! 今はすっかり美しくなった稲荷橋だが、近くにハチ公を偲ばせる何か
を残せないだろうかと思ってしまう。

15年以上前の記事にコメントありがとうございます。
久しぶりに記事を眺めてみれば、すっかり様子が変わっている渋谷。写真も小さいし、解像度も低い。様々な意味で時代を感じます。ハチ公については、マスコミによってブームがつくられた感が強いようですが、観光的要素も高いと思うので、仰るように何かしらできるといいですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2022年1 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31