« 蒲蒲線(新空港線)の歴史 その3 | メイン | 国土数値情報行政区域データにおける 大正9年東京への疑義 »

2022/01/05

コメント

こんにちは。蒲蒲線に動きがありましたね!
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/kyougi-no-ba.html

京急の協力が得られ、早く実現することを願っています。
(ニュースでは1期工事だけでも10年かかると言っていましたが。。。)

コメントありがとうございます。
やはり読み通り、地元大田区にとっては蒲田と京急蒲田をつなぐ以外に興味はないのが浮き彫りに。下丸子付近の立体交叉も、当然これを踏まえてのようです(聞きかじり)。
空港へのアクセスという大義名分によって、ようやく運輸政策審議会に認められたとはいえ、京急蒲田止まり&乗換不便なままでは、途中駅となる蒲田が強いことに変わりはなく、下手すれば盲腸線となるおそれもありますね。
蒲田駅での乗換を不便にまでして取り組む東急としては、何が何でも空港へとなるのでしょうが、ゲージが違うのは如何ともしがたく。これだけのために東急が全線標準軌になることもないので、にんまりするのは地元大田区だけ。
そして、かつての選挙公約を破ってまで任期をのばした松原大田区長の実績としたいのも見え見え。
否定的な見解ばかりで恐縮ですが、そうでなければとうの昔には実現できていたと思うので(苦笑)。

毎度のするどいコメントありがとうございます!多摩川線と空港を利用する者にとっては、盲腸線でもあの800メートルを荷物を背負って歩く苦行から解放されるだけでもありがたいです。でも乗り換えに6分もかかるのですね。。。できれば多摩川線にも大井町線のように、途中止まらず終点まで行く急行を作ってもらえればありがたいですね。さらに言えば、東横線・目黒線への直通も。でも来年3月からの相鉄乗り入れでダイアは過密ですよね。これをなんとかクリアするのが東急の力の見せ所と期待しています。引き続きご解説のほど、よろしくお願いします!

当Blogにおいて、久々にコメントがつながりました(苦笑)。コメントありがとうございます。
目蒲線が目黒線と東急多摩川線に分離される前に、蒲蒲線が空港に直結させるというアイディアに現実味があれば、あるいはという線はあったかと思いますが、辛うじて多摩川駅の改良工事にその目を残しただけというのが厳しいところ。

ただ、それだけでは夢がないので(苦笑)、少し語っていくと、仰せのように東急多摩川線が空港方面に進むためには、多摩川〜蒲田〜空港という急行を設定することが求められます。ただ、そうなると沼部、鵜の木、下丸子、武蔵新田、矢口渡という地元密着駅がすべてスキップされることから、これじゃ地元大田区に役に立たないという反発が予想されます。もっともこれらの駅は4両編成を超える電車が停車できない(九品仏駅のような真似をすれば可能)ので、8両あるいは10両編成
としてしまえばいいのですが。

続いて相鉄相直。私的には、新横浜へ東急線が直結するのがありがたいですね。新幹線普段使いは品川駅なのですが、状況によっては新横浜駅乗換ということもあって、地下鉄との相直を踏まえれば、JRなどより使い勝手がいいのです。ただ、これもお見込みの通り、過密ダイヤをどうする的なところはありますが、白金高輪駅から品川駅方面への分岐線次第で、若干は緩和されるかと見ています。とはいえ、しばらく先の話ですが、蒲蒲線より実現は早いかもしれません。

それでは、次回に続きますとして半年近く放置しているので、某漫画家のようにならないよう気をつけます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2022年1 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31