« リアル書店で書籍を買わなくなる | メイン

2020/12/31

コメント

今年の馬鹿騒ぎを的確にまとめておられて、さすがです。

明けましておめでとうございます。

年初から残念なお知らせなのですが、ここのコメンターとして常連でいらした「木造院電車両マニア」様が、去年お亡くなりになられました。90歳超でいらしたので、大往生ですが、私は非常に悲しかったです。
私の地元町会も町会の本来の行事がなくなっていて、今年は例の写真集を出しましょうかという話をしてくださっているのですが、私の都合ですが、去年の暮れに義母が倒れて介護が始まってしまい、おまけにコロナで東京へ行くのは躊躇しております。

本当はその写真をせめてXWIN様に個人的にお目にかけたい。東洗足駅とその背後の風景が見事に写し出された写真(どんどん橋が写っています)例のコの字型跨線橋の写真、駅がなかったころの大井町線と池上線の交差部分、現在旗の台駅南口の踏切のある場所に、何もなかったころの池上線が1両編成で通過する様子。東洗足駅誕生を祝う集会、昭和2年~15年位の旗の台周辺の写真が数多くあるのです。
でもそれは町会所有のため、外に公表することはできません。こんなお宝映像なのにと思うと残念で。そしてその写真の場所を見事に解明してくださったのが木造院電車両マニア様でした。その当時小学生だったこの方の記憶力の見事さ、そしてその記憶を長年鮮明に持ち続けられた頭脳明晰さには、心より感激しつつ、ご冥福をお祈り申しております。

コメントありがとうございます。そして訃報も…。
私はオンライン上だけのお付き合いでしたが、このBlogにおそらく最も多くのコメントを付けて下さった方の訃報を大変残念に思います。コメントから間違いなく当時でも80代以上でいらっしゃるかと思っていましたが、大変記憶力が素晴らしいだけでなく、近時の事象についても的確なお話しを賜り、一度直接お会いしてと考えてはいたのですが…。
ですが、当Blogの更新頻度を見るまでもなく、幹部になり、さらには取締役を兼任するようになったことで、なかなか趣味方面に割くまとまった時間が取れなくなったことで、夢叶わなくなりました。おそらくまとまった時間は引退後になってしまうのでしょうが、反面、精力的な調査や執筆ができるものかとも。難しい問題です。
とはいえ、悲観的に捉えているだけでは未来は開けてきません。私も、木造院電車両マニア様を少しでも見習い、80代まで精力的に活動できるよう日々心懸けることで、趣味活動に時間を傾ける日がやってくるだろうと祈念しつつ、ご冥福をお祈り申し上げます。
末筆になりますが、ご教示賜りありがとうございました。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2020年12 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31