« 時刻表(1925年4月号)に見る玉川電気鉄道 | メイン | 思いつくまま iPad Pro »

2015/11/04

コメント

玉電沿線案内図ありがとうございます。沿線には知人も多く遠くは砧線の吉沢の友人宅を訪ねたり色々な意味で想い出が多い線でした。

家庭用電気をも収入源としていた玉電は五島慶太の軍門に下りましたが、東横線の駅名である府立高等が記載されているのに、路線が記載されていないのは敵意の表れでしょうか。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年3 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31