« 時刻表(1925年4月号)に見る池上電気鉄道 | メイン | 時刻表(1925年4月号)に見る玉川電気鉄道 »

2015/10/24

コメント

時刻表も鵜呑みにできないことがあるので、注意が必要であることがわかります。
三角の連帯駅とは主として国有鐵道の駅までの通し切符を発売している駅のことで、山手線のような頻繁に利用される駅はあらかじめ切符が印刷されていましたが、無地の切符も用意されていて全国津々浦々の駅まで駅員が手書きで記入して発売しておりました。
池上電鉄は連帯契約が無かったようで、やはり高柳氏の影響ではないかと勘ぐりたくなります。

貴重な情報に感謝申し上げます。
△印の連帯駅を見ると、当時、重要だった(逆に見ればそうでなかった)駅がわかります。
今日、急行停車駅でかつ乗換駅でもある「調布」と「多摩川」にはそれがなく、まだまだ発展途上というのがわかります。
池上電鉄については、仰せのとおりかと。

xwin様

今日の急行停車駅が含まれていないことは、関東大震災以後の人口移動の激しさを物語っていますね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年3 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31