« 地震の予知に意味はあるのか | メイン | ギリシャ、先進国で初めてのIMF「延滞」国となる?→「延滞」とIMF認定 »

2015/06/07

コメント

とうとうなくなってしまうのですか。仕方がないとはいえ、寂しいです。「洗心堂」の写真は、目黒信用金庫で保管されていて、それをコピーしてもらいました。歴史的記念物の一種になっちゃいましたね。

ご無沙汰です。
あのままでは失火などのおそれもあって、よくないなあとは思ってましたが、このようにいざ消えてしまったとなるとそれはそれで感慨深いものがあります。まさに過去の歴史となった瞬間かと。

もう80年以上前のことですが、頭の禿げた怖い店主のことをうっすらと覚えています。近所には目黒区からの越境入学の友人が何人かいましたが残念ながら消息は不明です。近所の昭和医大の歯科に通院していますが取り壊したことは知りませんでした。

ご無沙汰です。
洗足在住の知人曰く、ご高齢の方が跡地を撮影したり、何人かでお話しをされていたりという光景が見られたとのこと。なかなか日本では建物を残そうということがないので仕方ないですが、思い出の中に生き続けるしかないですね。

XWIN II 様
私の記憶は戦前の戦災前の建物ですが、洗足会の理事の方々の多くが目黒区に住まわれていましたので、想い出もほとしおだったのでしょう。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年8 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31