« お役所体質の理研、いよいよ尻尾切りが本格化 | メイン | 三谷耕地整理組合(東京品川区)の範囲とその概要 »

2014/04/18

コメント

漢民族の王朝の衰退と同時に定期的に出現して、いつの間にか中国文明に飲み込まれる北方民族の歴史は、日本の様にバイリンガルの経験の無い民族にとっては理解が困難です。近い時代の例として、清朝では満州族の貴族たちは母国語を維持していたのでしょうか。ビデオで王朝時代のドラマが簡単に観賞できる時代ですが、漢字と満州文字が併記されている光景を見ますと、自分の文化も維持しようとする努力を払っているようにも見えます。一旦は異民族政権をうけいれてから、同化させると言う手法を取っているのでしょうか。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年3 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31