« ロシアを恐れるポーランド | メイン | 事実なら… ど素人だった小保方晴子さん »

2014/03/14

コメント

恋は盲目型というのはまさしく病的科学としてカテゴライズされるものですね。
大型予算が付く前に手を打つことができ、地震予知や常温核融合などと同じ道を歩まずに済んだのは科学コミュニティにとって(not 小保方さん個人)の不幸中の幸いというべきでしょうか。

コメントありがとうございます。
地震予知、嗚呼、あれね(苦笑)。気象予測とは圧倒的に観測情報が足りず、その上、構成する物質・構造も知見も雲泥の差。加えて、事象発生頻度まで異なるものが、予測学問として成立すると考えることだけで、既に科学ではありませんね。予測以前に、地球の内部構造を「予測(予想)」でない形で明らかにする必要があるでしょう。観測できているのは、極々一部の地殻の数kmぽっちなんですからね。
どちらにしても、ES細胞やiPS細胞とは別物だとはっきりしてよかったかな、と。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年8 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31