« 「近代世界システム」THE MODERN WORLD-SYSTEM | メイン | Kindle Paperwhite 2(ニューモデル)購入 »

2013/10/18

コメント

VAIO Duo 13をWindows 8.1にアップデートしたところ、Windows Home Server 2011のクライアントPCバックアップでバックアップができなくなりました。原因はアップデートした時に新たにつくられた回復パーティションに、クライアントPCバックアップするときに実行される、ボリュームシャドウコピーシステムのスナップショット用に必要な空き領域がないことです。回避するには自己責任でパーティションの空き領域を増やすしかないみたいです。マイクロソフトでも適切な解決策が見つかりませんでした。仕方ないのでUSB 3.0接続の外付HDDにWindows Updateするたびにシステムバックアップをとり、またUSBメモリにもWindows 8回復ドライブを作成してみました。マイクロソフトは早急に解決策をお願いしたいところです。

コメント&情報ありがとうございます。
SSDの普及と相俟って、再び固定記憶容量の問題が頭を擡げてきている、というほかにPCメーカ側が「将来のことを考慮に入れる」ことが難しい実情もあるような…。
確かに「回復」するための仕組みは、これほど複雑怪奇になったWindowsには必須でありますが、ラピッドリリースをしていくのであれば、回復パーティションや回復するためのデータ確保(バックアップ)方法も考えていくことが当然求められます。
とはいえ、昔からWindowsは「わけわかになったら再インストール」という伝統があるので、自身で再インストールシーケンスを構築していくのがいいのかもしれません……。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年8 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31