« VAIO 2012年秋冬モデル(Windows 8 搭載)をもう一度一瞥してみる | メイン | 東京横浜電鉄沿革史における大井町線乗降客数を眺める »

2012/10/21

コメント

昭和16年と言えば太平洋戦争が始まった年で、昭和12年の日支事変が始まると荏原区の荏原中延や旗が岡付近に爆発的に主として金属加工を中心とする町工場が激増して工員の通勤人口もそれに従って増加したことを示しているようですね。それだけに空襲による人的物的被害も甚大でした。区役所も罹災して兵籍簿が焼失して同級生には召集令状が届きませんでした。

追伸
大崎広小路も目黒川沿いの工場群に通勤する工員の増加を示しているようですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年3 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31