« 東京電力が公表した「福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋」を読む | メイン | メキシコ湾原油流出事故発生から一年、そして原発事故報道を考える »

2011/04/19

コメント

問題は特に放射性セシウム137でしょう。半減期が30年というこの物質が今後問題になります。私も東京都のデータを分析してみましたが、この半減期30年の137Csと半減期2年の134Csの積算降下量が5月18日までに13807Bq/㎡となっていることです。セシウムは土壌の表面に強く保持され、地中深くまでは浸透しないことが分かっていますので、ほとんどが土の表面に存在することになり、それが何十年にもわたって放射能を出し続けます。土の性状によっても変わるとは思いますが地中1~2cmにほとんどが止まると思われます。となると風等で舞い上がった土埃は子供をはじめ人が呼吸等によって体内被曝することになります。この13807Bq/㎡は~690Bq/kg程度ですから、決して無視できる数値ではありません。今後土壌の分析が急がれるべきだと思います。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年8 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31