« 巴里より帰る──写真整理編 IV | メイン | 多忙な10月 »

2009/09/28

コメント

パリ市の成長の過程を示すモニュメントを興味深く拝見しました。リヨンの繊維関係の仕事をしておりましたので何回かパリを訪れたことがありますが、リヨンを主たる仕事場としていましたので訪れる余裕がありませんでした。民衆に愛されたアンリー4世も最後には暗殺されました。天智天皇も一説によれば狩りに出たあとでご帰還されなかったとのことです。改革者は常に死と隣り合わせであることは今日も変わりません。余談ですが遂にフランス語専用のソフトを使わずにアクサンをボールペンで記入してファックスでお茶を濁しました。もう練習する気力は残っていません。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年8 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31